« スタンプで不織布をデザイニング | トップページ | スタンプアートに夢中な時間~UVレジン »

表面色と面色

P1090848         

こんにちは!

カラー&ラッピングコーディネーター かげみちこですnote

 

台風一過ですねsun  

今朝の青空ですhappy01

 

空が青いのは「散乱現象」という光の現象によって見えているだけで、

実際には存在していない・・・

というお話を以前ブログに書かせていただきました。

 

ドイツの心理学者 D・カッツが提案した色の見え方の中に

「表面色」と「面色」というものがあります。

表面色・・・物体の表面を彩っている色の見え方のことで、

       形、質感、距離感がはっきりとみえ堅さの印象もあります。

面色・・・・・物体がなく色そのものだけがあるような、色しか認識できないような見え方をいいます。

 

今日は、やや雲がありますが

雲一つない青空をみているような感じは「面色」の見え方と言えるでしょう。

遠くでもあり近くでもあるようで、空との距離感をはかることはできませんね。

空の形状もわかりませんし、手を伸ばすと突き抜けてしまいそうな奥行き感!

そして、どんな質感なのかもよくわかりません。

 

パーソナルカラー診断では、これらの見え方と似た効果があるのが

「清色」を当てたときの見え方、「濁色」を当てたときの見え方です。

清色を当てると、表面色の見え方同様、すっきりした輪郭線の効果が出ます。

清色で囲まれた肌色は、色素をはっきりと感じさせツヤ感があるように感じられます。

一方、「濁色」はグレイという濁りのある色が混入することで「面色」的な見え方になります。

顔の輪郭は、清色のときとは逆にはっきりはしませんが、

輪郭も色素もぼやけて滑らかに見えるようになり、その分立体感が感じられるように

なります。

 

でもですね

診断にお越しいただく方は みなさま生身の人間でいらっしゃいますbleah

厳密に言わせて頂くなら、単純にこれら2つのパターンにのみ大別されるというわけではありません。

多くの人が「似合う」(平均的に良い)と感じる調和感が

どの色領域にあるか・・・それをドレープを通しながら見極めてさしあげるのが

「パーソナルカラー診断」ですheart04

最近はブームが再来したのかsign02 カルチャーでも毎回人気の講座になってきましたことは

とても嬉しいことです(o^-^o)

 

「パーソナルカラー診断」のお申込みはdown

お問い合わせは、

           こちらdownまでお願いいたしますwink

             loveletter  お問合せ    

             mobilephone   090-6013-1576

          公式サイト : http://studiolirio.web.fc2.com/

 

日時はご相談を承ります。 みなさまのご連絡をお待ちしておりますhappy01

 

« スタンプで不織布をデザイニング | トップページ | スタンプアートに夢中な時間~UVレジン »

Color」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268990/45723983

この記事へのトラックバック一覧です: 表面色と面色:

« スタンプで不織布をデザイニング | トップページ | スタンプアートに夢中な時間~UVレジン »