« 今年初!雪景色 | トップページ | 2012年春「パーソナルカラー1day 特別レッスン」開講! »

ラッピングレッスン~カラーラッピング講座(ベーシック)

101225           

 

こんにちは。カラー&ラッピングコーディネーター かげみちこですnote

 

本日は午後からラッピングのレッスンでしたpresent

県内よりお車でお越しくださいましたN様、ありがとうございましたbleah

 

本日は、リボンribbonの基本的な結び方の大部分をマスターしていただきましたheart04

当スタジオでは、希望者には「色彩の基本知識や、カラーコーディネート法」

もレクチャーさせていただいております。

 

今回は、奇抜な色同士を喧嘩させないための方法

補色配色の強烈な対比よりも、補色の一方を両隣の隣接色相に分離させた

分裂補色(スプリットコンプリメンタリー)shine

   アメリカのカラーコンサルタントであるビレン(F.Birren)が補色配色よりも好まれやすいと推奨。

色相環では、細長い二等辺三角形ができる組合せです。

写真にはありませんが、鮮やかな青と黄緑の他に、

赤紫のリボンも使っていただきましたgood

 

カラーコーディネートは、ファッションやスクラップブッキング等でも

同様のことが言えます。

1つの作品としてそれを完成させなければならない場合、

色と柄(テクスチャー)と形、においてチグハグな事はしないということ。

たとえば、ラッピングにおいても配色は良いと思うけど、「何かが変?」という時、

色以外の要素が、つくりたいテイストの共通性からズレている場合が

多いものです。

モノづくりにカラーコーディネートは必要不可欠sign01と思い、学びはじめたカラーheart01

その奥深さ、色のコーデだけでは単純に片付けられない部分と

私自身、今後もずっと格闘の日々はつづくでしょうが、

考え方の基本的な部分を、初めての方にも解かり易く伝えてゆければ良いと思っています。

 

« 今年初!雪景色 | トップページ | 2012年春「パーソナルカラー1day 特別レッスン」開講! »

Wrapping」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268990/43870005

この記事へのトラックバック一覧です: ラッピングレッスン~カラーラッピング講座(ベーシック):

« 今年初!雪景色 | トップページ | 2012年春「パーソナルカラー1day 特別レッスン」開講! »