« 虹色のパステル | トップページ | たけのこ包み »

「ブラッドタイプ・ハラスメント」

こんにちは 

PCの周りは蒸し暑いです

    

(今となっては、過去の話題となりましたが) 

被災地への「暴言」で辞任された松本龍前復興担当相

「B型なので短絡的なところがある」とそんな前復興相に対し、

「血液型差別助長するな!」

との怒りの声が挙がるという事態にあやかり、頭に思い浮かんだ言葉は

    

「ブラッドタイプ・ハラスメント」

セクハラと同じように相手の嫌がる行為を行うことと同じで

血液型による人格差別や偏見による嫌がらせのこと。

  

こんなコラムを見つけました

「ブラッドタイプ・ハラスメント」って何? http://allabout.co.jp/gm/gc/291930/

  

7年位前ですか

放送倫理・番組向上機構(BDO)から

血液型性格診断?の特集でいくつかのTV番組が自粛を促されましたが、

当時の『あるある大辞典2』 はわたしも良く観てまして、

「昨日の〝あるある〟観た?」

ランチタイムの話題の一つにもなってました~

  

日常生活においても

初対面の人に対して「この人はどういう人なんだろう」と探る1つの手段として

血液型を尋ねる方もいらっしゃると思います。

  

コラムの中では「バーナム効果」が一番の要因であると記されております。

バーナム効果とは、曖昧で一般論的な記述内容を、自分だけに当てはまる

正確なものと思い込んでしまう心理学の現象のことだそうです。

「言われてみれば、そうかもしれない」と思い込む。

(そう考えることで、安心するんですね。)

でも

人間をたった4種類のタイプに分類してしまうのは・・・ もっと深いはずなんですよ

  

血液型を尋ねられ、「わたしはB型だけど。」と言うと    

「B型の人ってマイペースなのよね。」とか

または、尋ねることをせずに

「几帳面だからA型かと思った・・・」 と決め付け発言

   

小学校では、血液型の話題がいじめに発展したりとか

オフィス内でも、何度と無く同じことを繰り返し言われているうちに、

本当に不快な思いをし、トラウマになってしまったのでしょう。

わたしの会社員時代には、

「血液型の話はしないで!」と言う方もいらした程です

  

軽く口にした「○型って△△だから」 という一言が

密かに誰かを傷つけてしまう場合もあるというのも一理・・・

また、△△の部分の同じ単語に、傷つく人もいれば傷つかない人もいるのも事実

     

「几帳面だからA型かと思った・・・」 ←実際わたしに向けて言われたことあるんです!

But、わたしはO型

ここで悩むどころか、うちの母に言ったら笑われましたよ (ノ∀`)・゚・

だって、本当に几帳面な人は、わたしのことを「几帳面だから」なんて

絶対に言いませんから(笑)

    

( 記事の抜粋です。)

しかし、血液型性格分類の英語名は「Japan Blood Ttype Theory of Personality」

と呼ばれるくらい、諸外国からは「日本独特な考え方」と受け取られています。

海外で「あなたの血液型は何ですか?」といった質問をすると、

「あなたは医師でもないのに、どうしてそんな事を知りたがるのか」

と怪訝な顔をされるというのです。 

                              

いやはや・・・  

いずれにしても、気楽なコミュニケーションのはずが因果な結果を招くことも

ありうると、認識しておくべきかもしれません。

   

« 虹色のパステル | トップページ | たけのこ包み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ブラッドタイプ・ハラスメント」:

« 虹色のパステル | トップページ | たけのこ包み »