« カタログ紙を包材にすると・・・ | トップページ | パステル(ブラッシュアップ)講座 »

気持ちを折り込む

今日は、和風ラッピング講座(応用クラス)のアシスタントで

渋谷(ラッピング協会)におりましたwink

応用クラス(2日目)の今日は、風呂敷の講座以外の課題は、

〝折る〟という作業が中心になります。

     

「折るときには、皆さんどんな気持ちを込めて折っていますか?

まだ今日は、覚えなければいけない事が沢山あって余裕がないと思いますが、

折るときには、自分の気持ちも一緒に折り込むということを心がけてください。」

   

今日は講師の先生からこんな言葉と投げかけられましたね。

ただ「一生懸命折る」でも私は良いと思います(*゚ー゚*)

その「気持ち」が一番大事な事なんですねshine

  100418

今日の課題の中から、「かぶと&還暦祝の袋」 のミニチュア版ですhappy01

かぶとは、豪華な和紙で実際にかぶれる位のものを折ると、端午の節句のディスプレイにもなりますwink

還暦祝いには、お赤飯をいただきますね。この還暦祝いの袋は、お赤飯をいただく際に付けて差上げる「ごま塩」を入れる袋に使用されていたという説もあるそうです。

その後、サイズが大きくなり、これに水引をかけてお祝いの袋に用いられるようになったのでしょうかsign02

     

« カタログ紙を包材にすると・・・ | トップページ | パステル(ブラッシュアップ)講座 »

Wrapping」カテゴリの記事

コメント

気持ちを折り込む和の包みは、とっても素敵ですねshine
Fukuさんの作品は、いつも色合いがとてもキレイですheart04
一生懸命折ると、きっと自然と気持ちも一緒に折り込んでいると
私も思います。
昨日、とあるイベントに行きそこなったのですが
そこにとても素敵な和の空間がありました
その場所で、こういった折形ができたらいいなぁと思っていたところなので
すっごくいいタイミングhappy01
時間を作って、折形も久々に挑戦したいという気持ちになりましたnote

Romiさんnote
コメントありがとうございますheart04

かぶれる位のかぶとは、
市販の長方形の和紙をそのまま
短い辺を1辺とした正方形にカットした大きさで折ると良いそうですねwink
金、銀の入った黒とか濃紫の和紙なら
リアルでカッコいいディスプレイになりそうですよねgood
今度、素敵な和のイベント等があったら、是非教えてくださいませshine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1268990/34285710

この記事へのトラックバック一覧です: 気持ちを折り込む:

« カタログ紙を包材にすると・・・ | トップページ | パステル(ブラッシュアップ)講座 »